アスタキサンチン配合の化粧品の選び方

kotiradesu

強い抗酸化作用や保湿効果など、美容や健康アンチエイジングなど様々な効果が見られると注目を浴びています。

サプリメントやドリンクといった服用するもののほか、化粧品の成分としても配合されているアスタキサンチンですが、化粧品でのアスタキサンチンは、主に潤いを与える成分として配合されています。

アスタキサンチンは主にエビやかにから抽出されたエキスから取り込まれたものが、価格も安く様々な商品に含まれています。

甲殻類にアレルギーを持つ人にとっては、たとえ服用するものでなくても、肌につけるだけでアレルギー反応を起こす場合があるので、使用前にパッチテストを行なうなどして慎重に使用することをお勧めします。

また、内服するものに関しては、甲殻類アレルギーのある人はアスタキサンチンが何から抽出されたもの課を確かめ、甲殻類から抽出されている場合は服用をやめましょう。

化粧品だけでもアスタキサンチンを配合した商品は様々ありますが、どのような点に注意して選ぶと良いのでしょうか、明日タキサンチンを配合した化粧品の選び方について紹介します。

アスタキサンチン配合の化粧品を選ぶポイント

抗酸化作用の非常に高いアスタキサンチンですが、化粧品に配合するためにはいくつかの弱点を抱えています。熱や光に弱く、油にしか溶けない性質を持っているため、そのままの構造で化粧品に配合されていてもなかなか肌から吸収されにくいのです。

そこで分子の構造を小さくしたり、成分の安定性を高めることで、皮膚の奥深くにまで入り込みやすく工夫された化粧品も出てきています。

アスタキサンチンの化粧品を選ぶ際には、それぞれの化粧品のホームページや商品説明などをよく読んで、肌に吸収されやすい工夫がされているものを選ぶようにします。

皮膚の奥に間で届く工夫がされた化粧品であれば、アスタキサンチンが持つ抗酸化作用などの効果も発揮されますが、吸収されにくい構造で配合されている場合には保湿効果しか期待できないこともあります。

その保湿効果をより高めるために、他の保湿成分と同時に配合された化粧品を選ぶことで、保湿高価の非常に高い化粧品を選ぶ事ができます。

アスタキサンチンの多くはエビやかになどの甲殻類から抽出された成分が多いため、甲殻類のアレルギーがある人は痒みや赤みなどのアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

アスタキサンチンの中でもヘマトコッカス藻から抽出された物はアレルギーを引き起こす可能性も少ないため、甲殻類アレルギーのある人はアスタキサンチンが何から取れたの課を確かめることも大切です。

アスタキサンチンは海外でも注目されている成分のため、海外製品の中にもたくさんの種類があります。

ただ海外の製品は日本人の肌に合わせて配合されているのではない他、日本で認可されていないような成分などが含まれていることもあるので、国産のものを選ぶと安心です。